きりんのきもち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりんのきもち

女子大生の「きりん」が今日もせいいっぱい生きている記録。

初心者が東京から伊豆へ日帰りダイビングに行く方法って?〜私が都市型ショップをおすすめする理由〜

こんにちは♬
ブログを始めて早速、アクセスしてくださった方、コメントを下さった方、読者登録してくださった方・・・
一つひとつのアクションがとっても嬉しいきりんです。
ありがとうございます*(^o^)/*

さて今日は【都内から伊豆へ日帰りダイビングに行く方法】について

初心者の方にも分かるように書いてみます☻

というのも私、先日先輩から「伊豆にダイビングしに行きたいんだけど、ずいぶん前に海外でライセンスを取って以来、ダイビングはご無沙汰。何もわからないけどどうすれば良いの?」と聞かれたんです。

そりゃー、わかんないですよね。

しかし調べてみると、意外とこのテーマのハウツー記事って無いんです。

 

1. 東京から行く日帰りダイビングの2つのパターン

まず大きなプランとして

現地ショップに直接行く

都市型ショップ(都内にあるダイビングショップ)のツアーに参加する

このどちらにするかを決めましょう。

正直、①の方が多少安上がりなことが多いですが、200本以上潜った今でも私は必ず②の方法でダイビングをしています。

 

f:id:lovdiv:20160903001126j:plain

 2. 巷で都市型ショップがdisられる理由

「都市型ショップ 現地型ショップ」などと検索してみてください。

するときっと、都市型ショップに批判的な意見が多く出てくると思います。

これは,上述のように若干高くつくということに加え都市型ショップには

  • 強引な営業
  • 器材の押し売り
  • 囲い込みに感じる"会員制度"
  • 不透明な料金体系

といった悪いイメージがつきまとっているからです。。

というか,そうしたいわば悪徳なお店が実際に少なくないんですよね。

【きりんの例】

OWDのライセンスを1万円台で取得出来るという広告に目がくらみ,よく調べもせずに行ったショップ。

今思えばそんな安値で商売が成り立つわけはなく,その後すべての器材を押し売りされ(yesというまで帰れませんでした)……

しかも今通っているショップのオーナーさんに聞いたらすべて最低価格のキャンペーン品で,それをウン十倍という値段で売りつけられていました……

その上,オープンウォーターのライセンスを取得した直後に「次回はアドヴァンス」「その次はスペシャルティ」とこちらの意見も聞かずに勝手に決められ……

よくわからないきりんは大損をしたのでした……

 

【ダイビング仲間の方の例】

詳しくは知りませんが,ネットに掲載されているお値段に

「教材費」「ライセンス申請料」「登録料」「レンタル料」「会員費(??)」

などが次々と加わり,予定の料金に加えなんと3万も多くを請求されたとのこと。。

ご立腹で,うちのショップに"逃げて"いらっしゃったとのことでした。

 

3. それでも私が都市型ショップを推す理由

ここまで書くと都市型ショップ反対のように聞こえるかも知れませんが……

私200本以上潜った今でも,毎回決まった都市型ショップのツアーに参加しています。

きちんとリサーチして良いショップに巡り合えれば,ダイビングの楽しみは数十倍にも数百倍にもなるでしょう。

理由は

運転しなくて良い。これ大きい。潜ったあとにお酒も飲めるし!

毎回,信頼のある同じイントラさん見てもらえる

その日もっともコンディションの良い海をプロのイントラさんが判断して,連れていってくれる

④ショップを通じて仲間が出来る

⑤現地ダイビングショップと良好な関係を築いているショップなら,丁寧に対応してもらえる

などなどなど。

私は以前のショップと雰囲気が合わずショップを変えましたが,今のショップは最高です!

注目すべきは③つ目!というのも,風や潮流によって刻一刻と変わる海について素人が「伊豆半島の中で今日はここが一番綺麗そう!」なんて適切に判断するのは不可能だからです。

私が今通っているショップは,お客様からの事前リクエストがないかぎりは基本的にイントラさんが情報収集をして最高の海を判断してくれます。逆に言うと,こういうショップを選んだ方が良いということですね。

 

そして④つ目の「ショップを通じて仲間が出来る」こと。

老若男女問わず海が好き」というだけの共通点を持った仲間は,誰にとっても宝物となります。私も,家族や,大学や,アルバイトなどのコミュニティとは違った,もっと浅いようで深い"ダイビングでの人とのつながり"に魅了されています。

プライベートは知らないけれど,海の話なら何時間でも出来る。そんな仲間が増えていくのは喜ばしいことです。

 

4. まとめ

以上,だらだら書きましたがまとめますと

  • 自分で手配する現地ショップ型ダイビングか,すべてお任せする都市型ショップでのダイビングがある
  • 都市型ショップの中には悪徳に近い店舗もある為,選び方を間違えるとになる。雰囲気が合わないと楽しめない場合もある
  • 自分に合った良いショップに出会えれば良い事ばかりで,そのショップでのツアーに参加する以外考えられなくなる(←きりんの例。ショップオーナーさんの思うツボと言われればそれまでですが,楽しいからそれでもいいや。笑)

近々「良い都市型ショップの条件・選び方」についての記事も書きたいと思います。

読んでくださってありがとうございました!^^

最後にダイビング動画をどうぞ〜。

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする