きりんのきもち

きりんのきもち

女子大生の「きりん」が今日もせいいっぱい生きている記録。

「人に好かれる話し方」をする方法 10個のコツまとめました

 

こんにちは,きりんです。突然ですが皆さんはご自分を「話し上手」だと思いますか?「話し上手」なお友達っていますか?

はじめに〜私は"人に好かれる話し方"をするらしい〜

先日友達と会話をする中で「きりんっておしゃべりってわけじゃないけど喋るの上手いイメージある」と言われました(嬉しい)。そこでふと思ったこと。彼女が言った通り,私は口数が多い方ではないし,クラスに1人居る「スピーチが上手いタイプ」では決してありません。それなのに,なぜ「しゃべるのが上手い」と思ってもらえたのでしょうか。

私自身,話すのが上手いという自覚が無く意外だったので「えっなんで?」と聞きました。すると「上手いというか,人に好かれる話し方するよね」と言われました。ますます疑問だったのですが,それ以上聞いても「何となく」とかしか教えてもらえず・・・。

というわけで,「人に好かれる話し方」を調べ,自分なりに考察するに至りました。私の考える「人に好かれる話し方」をまとめてみます。

f:id:lovdiv:20160923200311j:plain

目次

広告

 

まず聞き上手であること

誰かと会話をするシーンでは,インタビューでもない限り「聞きたい」よりも「聞いて欲しい」という感情が強いものです。従って,相手の気分を良くするためには,相手の「聞いて欲しい」欲求を満たす必要があります。

①相手の話しが終わるまで口を挟まない

これは私が高校生の頃から意識していることです。当時部活で話し合いをしてもめた後,憧れていた部長の先輩がぽろっと「人が話し終えるまでは口を挟まないって,みんな子どもの頃教わってないのかな・・・本当にストレス溜まるんだよね」と愚痴っていました。「あ,これ気をつけよう」と素直に実感したのを覚えています。

大人同士の会話でも,注意して聴いているとけっこうこれが出来ない人って多いんですよね。

②丁寧に相槌を打つ

上手な相槌なんて知りませんが「ていねいに」なら誰にでも出来るはず。具体的には,相手の言ったことを繰り返して「本当に◯◯だったの?」と言ったり,話しを促すように「それでそれで??」と言ったり。

③とりあえず共感する

相手の発言に何を感じても,大抵その発言に"一理は"あるはずなのでその"一理"に共感しておきます。「たしかにそうだよね。」という感じです。たとえ反論したくても,その一言を言ってからで遅くないので。

 

広告

内容よりも「話し方」

人は見た目が何割・・などと言われますが,会話においてもその内容以上に「話し方」が大切だそう。

④相手の目を見て話す

よく言われることですが,話し方の基本。目が泳いでいる人の話しって何となく説得力に欠けますよね。私は目を直視するのが恥ずかしいと感じるので,相手の鼻あたりを見つめて話すことが多いです。これでも目を見ていると受け取られます。

⑤抑揚を付けて話す

これは以前アルバイトで塾の講師をしていた時,先輩に言われたアドバイスです。「強調する部分をあと1段階強調してごらん」と言われただけですが,これを意識すると生徒の集中力がだいぶ変わりました。

⑥あと少しゆっくり話す

BGMとして心地良い話し方を心がけましょう。早い口調は,潜在意識として"急かされている"という印象を抱かせてしまいます。ちなみにゆっくり話す女性の方が,早口な女性よりも男性にモテるらしい。

⑦語尾をはっきり言う

特に目上の人との会話で意識しています。「・・・で,・・・なので,・・・だから,・・・だし・・・」と言いたくなるところを,「・・・です。・・・なんです。・・・でした」のように文を区切ってはっきり話す方が,同じ内容でも聞きやすく,説得力があるように感じます。

f:id:lovdiv:20160923200905j:plain

最後に,内容

⑧ネガティブな言葉を使わない

ネガティブな話しをしない以上に,単語レベルでネガティブなワードを使わないことが大切。たとえば「疲れた」「うざい」「嫌」「キモい」等々。失敗談を語るにしても,マイナスイメージの単語を入れないように気を付けましょう。上に書いた通り,人は話しの内容以上に話し方や,"話しの全体的な印象"に影響を受けるからです。

⑨オチのある話しを「したことにする」

よく男性が「女子の話しにはオチが無い」って言いますよね。しかし話しにオチを付けるなんて芸人じゃあるまいし・・・と無理に思ってしまいます。そこで使えるのが,「とりあえず結論の前に『この話しにはオチがあってね』と言う」こと。セコく聞こえるかも知れませんが,個人的にはかなり効果があると思える裏ワザ(?)です。

この一言をはさむことで「あ,この人がした今の話しにはオチがあるんだ」と相手に思わせることが出来るわけです。

⑩上手な例え話をする

少し副雑な話しをする時に,身近な人やわかりやすい物事にたとえるようにしています。これをすると「わかりやすい」と言われることが多いです。

広告

まとめ

以上,読み返すと大したことは書けていない気もしますが,「意外と意識できていないポイント」をまとめられたと思います。

私も今よりもっと話し上手に,聞き上手になりたいものです。

 

☆★最後まで読んで下さってありがとうございました。更新の励みになりますので,SNSでの拡散やはてなブックマーク登録をぜひよろしくお願いいたします。★☆

広告を非表示にする