きりんのきもち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりんのきもち

女子大生の「きりん」が今日もせいいっぱい生きている記録。

目覚め快適!毎朝のおすすめ習慣6つ

 

こんにちは,きりんです。私は日頃大学の集合時刻が早いこともあり,遅くとも朝6時には起きています。たしかに朝は眠いですが,私は早朝の澄んだ空気が好きだし,早起きそのものが好きで,いわゆる朝型生活を続けています。しかし周囲のほとんどの人は早起きがしんどい,辛いと言います。そこで今回は,私が毎日実施している,目覚めがよくなるような毎朝の習慣をご紹介します。

f:id:lovdiv:20160923222635j:plain

目次

目を覚ますために

①朝日をあびながらぼーっとする

ポイントは2つ。「朝日を浴びること」と,「ぼーっとする」ことです(そのまんまですが)。まず,朝日を浴びることで脳に「朝が来た」という信号が送られ,体が目覚めるそうです。

「ぼーっとする」のは私が毎朝していることですが,朝日を見ながら動かずに30秒くらいかたまっているということです。こうすることでちょっとした思いつきが生まれたり「今日は◯◯したいな」というような目標がわいてきたりするのでおすすめです。一種の瞑想のような効果があるように感じます。

f:id:lovdiv:20160923223808j:plain

②「のび」と軽いストレッチをする

私は「のび」と,以前ヨガにはまっていた頃に知ったポーズを適当に2つくらいやってから起きます。気持ちがすっきりするし,血行が良くなる気がするし,少しでも続けていけば身体が柔らかくなるでしょうし,メリットがたくさんあります。

情報収集のために

③ニュースをチェックする

私はiphoneのアプリかテレビのニュースを見ます。寝ている間に起こったニュースと天気を知るためです。ちなみに使っているアプリはこれ↓ 

新聞*全紙無料!

新聞*全紙無料!

  • ryusuke yamaguchi
  • ビジネス
  • 無料

感情としてニュースは知っておきたいというのがあるし,時事ネタは知っていて損が無いと思うからです。ニュースを知っていれば少なくともその分話題が増えるし,ニュースに詳しい人はどちらかというと良いイメージを抱かれる(知的に思われる)ものです。

ちなみに,この時敢えてSNSや2ちゃん系のメディアは見ないことにしています。というのも,それらは見始めると長引いてしまうし,SNS特にTwitterは友達の愚痴のような個人的なマイナス感情がけっこう多く書かれているので,朝から他人の個人的な愚痴に付き合うこともないかな,と感じるからです。

充実した1日をおくるために

④カレンダーをチェックする

私は手帳を持たず,iphoneの純正アプリのカレンダーに予定を記入しています。何かある日は前もって通知が来るので忘れることはほぼありませんが,念のため見返して用事をチェックすることにしています。

⑤今日のやることリストを作る

これは前日やる人もいるようですが,気まぐれな私の場合「起きたら気が変わっていた」パターンが多いので,当日派です。「To doリストを作る」ことの良さは,以前下の記事にも書きました。

lovdiv.hatenablog.com

早起きするモチベーションを上げるために

それでも朝の早起きは無理だ,したくても出来ないという人へのアドバイスがあります。それは,「朝を好きになる」ために「朝,好きなことをすると決めてしまう」という方法。私は,コーヒーを飲みながら読書をすることを至福と感じるので,朝時間があれば読書をすることにしています。ということで,最後のコツは・・・

⑥朝を趣味の時間にする

このことにはメリットが2つあります。

  • 好きなことをするために早起きしたい!と思える
  • 通学・通勤時刻というイムリミットがあるので没頭しすぎない

f:id:lovdiv:20160923224225j:plain

早起きに効果的ということは上に書いた通りです。2つ目については,たとえば夕食後に趣味を始めてしまうと気づいたら夜更かししていたということがありますよね。しかし,たとえば朝「学校に行くまで」と決めて好きなことを始めれば,時間制限が出来ます。

朝,支度をすべて終えてから家を出るまでの時間を読書にあてると決めれば自然と支度も早くなり,良いことづくめです。

広告

まとめ

以上,私が実際に毎朝おこなっている日課・朝の習慣をまとめてみました。早起きは三文の得です。ぜひ素敵な朝を♪

 

☆★最後まで読んで下さってありがとうございました。更新の励みになりますので,SNSでの拡散やはてなブックマーク登録をぜひよろしくお願いいたします。★☆

広告を非表示にする