きりんのきもち

きりんのきもち

女子大生の「きりん」が今日もせいいっぱい生きている記録。

プチ・イメチェンのススメ!!今すぐできる簡単な方法おすすめ7つ

 

こんにちは,きりんです。とつぜんですが皆さんは「ものもらい」を経験したことがありますか?

先日,起きると目が痛く,鏡を見るとプクッと赤い「ものもらい」が出来ていました。コンタクトを付けると更にチクチクと痛みが増します。私はメガネが似合わないのでメガネ姿で外出したくないのですが,仕方なくメガネをかけて大学にいきました。

すると・・?

恥ずかしいなぁと思いながら登校したはずが,意外にも周囲の反応は良く,「雰囲気変わるね」「意外と似合う!」「ギャップ!ギャップ!」などと声をかけてもらいました。中には「急にイメチェンするからドキッとした」と言ってくれた方も(数人にはコンタクトの方が好きとも言われたけど)。

そこでふと思ったこと。「メガネかけるだけでこんなに注目されるのか!それならもっと色々イメチェンしてみようかな」

というわけで,今日は「誰でも(器用じゃなくても)できる」「お金のかからない」イメチェン方法を考えてまとめてみました。

f:id:lovdiv:20160924191228j:plain

目次

私がプチ・イメチェンをすすめる理由

思い立ったタイミングでちょっとしたマイナーチェンジをする。まず,それによって生じるメリットを挙げてみます。

  • 周囲に(良くも悪くも?)注目を浴びる
  • ギャップを演出できる
  • 自分もマンネリから脱出できる
  • 自分をコーディネートする力がアップする

1つ目と2つ目はわかりやすいと思います。死語かも知れませんが"ギャップ萌え"なんて言いますよね。要は,モテます

一方,私が特に強調したいのは3つ目と4つ目です。イメチェンというと「難しい」「面倒」というイメージがあるかも知れませんが,自分自身が日々変わっていくことで多少なりとも新鮮な気持ちを持てますし,「イメチェンしてみたら前より意外と良かった」のような新たな発見があるかも知れません。自分をより良く見せるためのヒントを得られるわけですね。

イメチェン出来ない理由と克服の方法

上記のように良いこと尽くめに思える「イメチェン」ですが,周りの女性はあまりやりません。その理由は主に下のようなことでしょう。

  • そもそも手段がわからない
  • 面倒
  • 周りに「似合わない」とか言われるのが怖い

1つ目は,今からお伝えするのでお待ち下さい(笑)。2つ目は,そう言われないために「簡単でお金のかからない方法」のみを書きます。

3つ目が問題ですよね。とってもわかります。私も,変わることへの恐怖はあります。でも,

① 中には「良いね!」と言ってくれる人もいるわけだから気にしなければ良い

② そもそも,しょっちゅうイメチェンしていれば「今日のは好みじゃないけど,またすぐ雰囲気変わるんだろうな」と思われてあまり悪く言われない

この2点を意識することで怖さはかなり減ります。私も,思い立って前髪をオールバックにして学校に行ったことがあり,その時は緊張したし「まじか・・・・。」のような反応をされました。

でも,けろっと翌日からまた前髪の分け目を変えたりして遊んでいたら「きりんってしょっちゅう髪型変えてない?おしゃれだね」とか言われるようになりました。トータルで「色々やってて美意識高そう」みたいな印象になるようです。

広告

髪型を変えるプチ・イメチェン

f:id:lovdiv:20160924192903j:plain

①アイロンでストレートヘアにする

コテで巻くより断然おすすめだし,技術も要らないのがこれ。モテたければ更におすすめ。私の周りにいる男性に聞いてみましたが,派手な巻き髪よりも清楚なストレートヘアが好きという人の方が多かったです。

巻き髪は慣れないと難しいですが,ストレートアイロンで伸ばすだけならそんなに難しくないし時間もかかりません。

②ハーフアップやポニーテールにする

上同様,「頑張りました!!」という感じの髪型はウケが悪いです。上品と言われるハーフアップやポニーテールなら,狙っている感じがしないけれど印象が変わるのでおすすめ。それに編み込みやお団子のような凝ったヘアアレンジと違って不器用さんでもすぐ出来ます。個人的には,高い位置でのポニーテールがかなり褒められやすいのでおすすめです。

③前髪を流すorピンでとめる

髪型の中でも特にいじりやすいのが前髪です。アイロンやコテで少しクセをつければ片側に流すことが出来ます。

個人的なおすすめは見出しに書いた「ヘアピンで留める」こと。オールバックはきつくても,7:3分けのようにして片側だけピンで留めるとおでこが出て雰囲気がガラリ変わります。また,前髪の量が多めの方は上の方の一部だけをすくって留めると韓国ではやっている「シースルーバング」のようになり,これも可愛らしいのでおすすめです(→シースルーバングについてはこちらの記事をご覧ください話題のモテ前髪“シースルーバング”であなたも清純派に♡ - Locari(ロカリ)

服装を変えるプチ・イメチェン

f:id:lovdiv:20160924194121j:plain

④ズボン・スカートを切り替える

これも簡単で,センスのあるおしゃれコーデなんて要りません。コツは「パンツ中心ならスカートを」「スカート中心ならパンツを」履くこと。それだけです。私はほとんどスカートスタイルなのですが,たまにジーパンのような「いかにもズボン!」という格好で大学にいくと,確実にツッコまれます。良いか悪いかは好みの問題ですが,注目してもらえます。

⑤カジュアル・フォーマルを切り替える

これも簡単。普段きれい目ファッションなら敢えてTシャツ+ジーパンに,逆に普段カジュアルファッションならたまにスーツを着てみる,など。それぞれ「今日放課後予定があって・・」などと言えば驚かれても納得してもらえます。

広告

小物を使うプチ・イメチェン

f:id:lovdiv:20160924194837j:plain

⑥帽子をかぶる

簡単です。特に,おすすめはキャップ。他の小物ではなかなか演出できない無邪気でスポーティーな可愛らしさを誰でもGETできるからです。ベレー帽とか麦わら帽子もかわいいですが,ちょっとコーデが難しくて敷居が高いのと,上述の「狙ってる感」が出やすいので私はあまり身に付けません。

⑦メガネをかける

これも超簡単。私のリサーチによると,たとえメガネが似合っていなくても「いつもと違う」ことを喜んでくれる男性が一定数いるようです。

おわりに

以上,私が思う「プチ・イメチェン」のメリットと簡単な7つの方法をまとめてみました。これでちょっと脱マンネリ。ちょっと新鮮な気持ちに。そしてちょっとモテる??

今後も研究していきます。

 

☆★最後まで読んで下さってありがとうございました。更新の励みになりますので,SNSでの拡散やはてなブックマーク登録をぜひよろしくお願いいたします。★☆